花粉症と腸内フローラ

花粉症と腸内フローラ




日本人の約4割が苦しんでいるといわれる花粉症ですが、その花粉症をなおすのに腸内細菌が重要っていわれているのしってますか?


腸内でスリビアに配合されている酪酸菌がビフィズス菌などの善玉菌を増やし、結果として花粉症に対する免疫力をあげるそうです。


私はたまたま本屋さんをうろうろしていて目についたのですが、東大の微生物博士のかたが書いている本なのですが、花粉症には腸活がおすすめで、なおかつ「酪酸菌」が重要とのことです。


たまたま目についた本だったのですが、「酪酸菌」といえば、わたしがダイエットのためにとりいれているサプリの成分のひとつだったので、すぐに『!』って思いました。


だって、ダイエットで使っているサプリが実は腸内フローラがととのい、その結果、花粉症にも効くなら一石二鳥ですから!


花粉症の原因は免疫不足で、じつは免疫不足は食物繊維不足からきているといわれています。


現代人は多くの人が硬い食べ物を口にすることが少なくなって、いわゆる加工食品を口にすることが多くなっていて、その結果、食物繊維の摂取量が減少し、花粉症の方が増えているということ。


本来、しっかりと食物繊維をとっていると食物繊維を食べ物とする善玉菌が腸内で活発化して、その結果、いわゆる免疫機能にすぐれた善玉菌がふえ、アレルギー症状である花粉症がおさまってくるとのこと。


「食物繊維をたべる」⇒「善玉菌が活発化」⇒「免疫機能向上」


こんな流れがあるんです!


ちなみに、その東大の微生物博士の論では「フラクトオリゴ糖を含む食物をたべると酪酸菌が活発になり、結果として花粉症がおさまる」とのこと。


詳しいところはこの先生の本をよんでいただきたいのですが、とにかく花粉症といえば、つい、お医者さんにいって薬で押さえつけることを考えがちですが、根本的になおすには、フラクトオリゴ糖を含んだ食べ物をしっかり食べて、酪酸菌の働きを活発にするといういわゆる腸活をすることで、腸内フローラがととのい、免疫機能があがり花粉症がおさまるのです。


花粉症は1日で治る!──東大の微生物博士が教える


なお、フラクトオリゴ糖を摂取する基準としてはゴボウを100g摂るのがいいそうです。


そういえば、私自身、最近花粉症の症状が出るようになったと感じていますが、きんぴらゴボウをたべてないと気づきました。。。


さて、こんなゴボウに含まれるフラクトオリゴ糖ですが、フラクトオリゴ糖が体内にできると、それが酪酸菌をうみだします。


酪酸菌とは、腸に届いた食物の食物繊維を発酵、分解して酪酸を作る細菌全般をさします。


酪酸菌は唯一酪酸をつくりだせる菌なのですが、この酪酸をつくることで腸内が弱酸性にたもたれて、その結果、腸の中では悪玉菌がつくられにくくなり、乳酸菌やビフィズス菌などといった善玉菌が住みやすい腸内環境をつくりだします。


こうして、酪酸菌により腸内フローラがととのうことで、免疫力が向上し花粉症がおさまるというしくみです。


どんどん、ゴボウをたべてフラクトオリゴ糖、酪酸菌を増やしたいものです。でも、実際はゴボウを毎日食べるというのも現実的には難しいですよね。


そんなときに、ダイエットと一石二鳥で嬉しいのが酪酸菌を配合した「スリビア」。ほんと、たまたまだったのですが、わたしはダイエット用兼、花粉症・腸内フローラ対策として「スリビア」をつかっます♪


※いまなら公式サイトで初回500円♪


 

サイトマップ