スリビアの効果とは?(SLIBIA)

suribia_kouka


スリビアの効果とは、そのハイブリッド菌活という考え方にあります。


なぜハイブリッド菌活というかというと、腸内フローラには有効とされる【短鎖脂肪酸】を成分として含んでいるだけでなく、その短鎖脂肪酸をうみだす【生の酪酸菌】も配合しているからです。


ダイエットに重要な腸内フローラ


最近ではいろいろな場所で腸内フローラの重要性がさけばれています。


私たちの腸の中では、日々善玉菌と悪玉菌の勢力争いがおこっていて善玉菌が優勢なときもあれば、悪玉菌が優勢なこともあります。


わたしたちの小腸から大腸にかけてこうした善玉菌や悪玉菌が生息していて、それぞれバランスをとりながら、腸内環境をいい状態にたもちつつ、私たちの消化できない食べ物を体にいい栄養物質にかえたり、体の中の免疫細胞を活性化して病原菌から体をまもったりします。


善玉菌と悪玉菌


健康なからだの腸内では善玉菌が優勢となっています。善玉菌の代表的なものといえば、ビフィズス菌や乳酸菌といったものです。


これらの善玉菌は、悪玉菌の侵入をおさえ、増殖もおさえます。また、腸の運動をサポートしてくれるのでお腹の調子も整えてくれます。


一方、悪玉菌は、腸の中で有害物質をつくりだします。ダイエットの敵でもある脂質や動物性たんぱく質がからだの中に多いと、それを好む悪玉菌が増えます。


悪玉菌が増えると、下痢、便秘といったお腹の調子を壊す原因となります。


やせ菌とデブ菌


さて、これにくわえて最近いわれているのが腸内細菌のなかの【やせ菌】と【デブ菌】です。


太ったマウスのデブ菌を痩せたマウスに移植したところ、痩せていたマウスが太りやすくなってしまったという実験結果があります。


やせ菌というと、代表的なものではビフィズス菌があるのですが、ビフィズス菌は腸の中で【短鎖脂肪酸】をつくりだします。


この短鎖脂肪酸は大腸でエネルギーとしてつかわれ、その結果エネルギー消費が上昇し、脂肪の蓄積を抑制します。


今回私がダイエットにつかったスリビアとはこのやせ菌がつくりだす【短鎖脂肪酸】を含んだサプリとなっているのです♪


そして、スリビアがハイブリット菌活といわれるゆえんでもあるのですが、スリビアは、その【短鎖脂肪酸】を生み出す【生の酪酸菌】も配合しています。


つまり、大腸でエネルギーとしてつかわれることで活躍する【短鎖脂肪酸】が減ってしまっても、それを生み出す【生の酪酸菌】を含むことであらたな【短鎖脂肪酸】をうみだすしくみとなっているのです。


この点が、いままでのこうした菌活サプリとは違う点です。なお、この酪酸菌というのは、普段の食事から摂取するのは難しいといわれるので、その点でもこうした菌活サプリとして摂取することが積極的な腸活となり、そのことが短鎖脂肪酸を増やし、結果的にやせ菌を増やすことになります。


※いまなら公式サイトで初回500円♪


 

サイトマップ